AQUOS sense4 lite 基本スペック

非公開のコンテンツです。現在,閲覧メンバーは募集していません。
カテゴリー: 11.日常の出来事, 15.インターネット・PC | コメントする

江の川鐵道(旧三江線) 県境越えトロッコ体験

コロナ感染急拡大に伴い,九州乗り鉄の旅はやめることにしました。私自身のワクチン2回接種はずいぶん前に済んではいます。でも3連休なので感染拡大地域からJRによる人の移動も多そう。通過するだけといっても福岡県の感染拡大は,直近1週間の人口10万人あたりの感染者数45.51人と全国第8位(7/31NHK)。滞在予定の熊本県も(県独自の)厳重警戒レベル5が発令されています。代わりという訳でもありませんが,前から乗ってみたかった江の川鐵道のトロッコに乗ってきました。

朝9時すぎには口羽駅到着。口羽駅公園や付近の写真を撮影して待ちます。

かなり早すぎたみたいです。10時頃に,いわみん=島根県西部観光サイトの江の川鐵道コラボの予約番号に電話してみました。 「10時半過ぎから受付開始。一人ならば 当日受付でも11時の便には乗れるでしょう」との事。

親切に教えて頂きました。

 定員6名で予約満席4名の場合だと2名の空ですが,ガイドさんが乗る場合もあるので,1名でないとのれない場合もあるらしいです。

 10時50分。予約の方の受付開始です。

次便11時40分予約の方も受付です。

その後,私も受付していただき,うちわの乗車券と宇津井駅の入場券をいただきました。

 指示に従ってトロッコに乗車。けん引する気動車=進行方向を背面にして乗車するようなのでちょっと戸惑いましたが,係員さんの案内にまかせていれば無問題。乗車完了!

DSC_6811.jpg

 ガタンゴトン走り出しました。

DSC_6715.jpg

 最初は,緑の自然の中。点在する民家。のどかな風景を行きます。そして,長いトンネル。

DSC_6719.jpg
DSC_6721.jpg

県境(嘘)の長いトンネルを抜けるとそこは鉄橋だったw。

 鉄橋の中ほどに真の県境があります。

眼下は,瀬を早み,淵はとうとうと流れる江の川。

DSC_6734.jpg
 
 
 

渡りきると河岸には撮り鉄の方がカメラを構えておられます。

 
 
DSC_6743.jpg
 
 
 

 進行方向反転の為に少し停車の後,折り返し。

 
DSC_6748.jpg
 
 
 

 鉄橋を渡り終えて,トンネルに入るとすぐに「しまねのさいはて」駅で下車です。

 
 
DSC_6726.jpg
 
 
 

 歩いて鉄橋へ。そして記念撮影。

私はずうずうしく何枚も撮影していただきました。

 
DSC_6754.jpg
 

 色々な事を教えて頂きました。

 
 
 
 

 こんな大きな鉄橋は国鉄時代に日本鉄道建設公団(略して鉄健)が建設したそうで,今となっては安全管理だけでもかなりな費用がかかり,維持していくのが(経済的にも)かなり厳しいとの事。

もし,水害で損傷したならば復旧はできない可能性大。

 
 
DSC_6756.jpg
 
 
 

 県境越えのトロッコ運行は島根県のみならず広島県側(三次市)の行政との折衝も大変だったらしいです。

 レールが4本あるのは脱線した場合の転覆・転落防止の為だそうです。

 
 
DSC_6771.jpg
 
 
 

 トンネルや鉄橋の横に貼ってある銘板には名称や建設主体,建設年等が書いてあるそうです。

 
DSC_6768.jpg
 
DSC_6766.jpg
 
 

 さらにトンネルのコンクリートにはその厚さが彫り込んであることは初めて知りました。

 
DSC_6775.jpg
 
 
 
 
 

 トンネル内走行中には在りし日の三江線のプロジェクションマッピング。

乗ってみたかったな~<三江線全線。

 
 
DSC_6776.jpg
 
 
DSC_6788.jpg
 
 
 

 車両は。島根県側一番最初が気動車。2両のトロッコは電動車です。

 
 
DSC_6810.jpg
 
 
DSC_6814.jpg
 
 

帰路は電動車。私が乗った車両の動力使用です。自転車のハンドルとスロットルのようなものとデジタル計器盤があったので何だろうと不思議に思っていましたが理解できました。電圧は52~53ボルト。速度は最大8~10kmでした。

 
DSC_6713.jpg
 
 
 
 
 

 トロッコの後は,宇津井へ。

 
 

 まずはカフェ&ベッド「うづい通信部」でランチです。

場所がわからず,最初は相当行き過ぎてしまいました。

引き返して宇津井駅付近から電話。

 店主の方が店のすぐ前,橋の上から手を振って案内してくださいました。駐車場は道路向かい。ランタンがあるのには気づいたのですが,それがお店の目印とは思い至らず,通り過ぎてしまっていました。

 
 
DSC_6819.jpg
 
DSC_6821.jpg
 
 

 ランチは週末限定10食,地元邑南町の「玉櫻酒蔵」の酒粕入り牛すじデミカレー。コクと風味のある独特のおいしさのカレーです。酒粕のせいかな。最近重めの物が苦手になってきた私の胃袋にも軽くおさまりました。

 
DSC_6826.jpg
 
 
 

 ランチ中11時40分のトロッコに乗車されていた方々も来られました。
トロッコセット券でやはりカレーでランチでした。

 
 

 食後は手焙煎のホットコーヒー。かなりゆったりさせてもらいました。

 
DSC_6827.jpg
 

 出口にコースターがあったのでお土産に購入。

 
DSC_6839.jpg
 
 

 天空の駅「宇津井駅」

 
 
 20mの高所にある駅です。

入口で写真撮影しようとすると係りの方がジャマにならないようにと思って移動しそうに。「入ってください」とお願いすると今度はきっちり構図の中におさまってくださいました。

 
DSC_6833.jpg
 
 

 116段の階段は「休みながら上がってください」と言う張り紙と途中のベンチがあります。山登りしていたので,おとろえてると言えどこの程度ならば休まずに登れます。

 
DSC_6838.jpg
 
 
 

 プラットホームにも係員の方がおられ,かなり長い間いろいろな事を話こんでしまいました。

 
 

 涼しい場所の話から風の通り道の話。

 
 
DSC_6836.jpg
  
  

NHK「あさイチ」の全国生中継で使われたプレートを見せてくれたり,レールや枕木の変化の事。付近の過疎化の事,この駅舎・階段を維持するにもかなりな費用がかかってしまう事等々。

 
DSC_6837.jpg
 
 

 経済効果が見込めないとそれなりの投資は得られない。

経済効果は別にして,神社・仏閣や自然の景観,あるいは芸術品などと同じように,廃線を含めてローカル線を「文化的遺産」のひとつとして残せないモノなんでしょうか。

 
 

 とりあえずこの県境越えトロッコができるだけ永続し,区間が長くなるようにまた乗りにこよう。今は社会実験段階なのでたくさんの人が乗ってくれることが,経費面のみならず,行政や政治に働きかける力にもなるそうです

 楽しかっただけでなく、徹底的にノンビリゆっくり流れる時間を過ごしました。

カテゴリー: 21.ドライブ | コメントする

九州の祭り 大分県竹田市「竹楽」

大好きな九州のお祭りのひとつ=「竹楽」
アメブロに記事アップしていたので,リンク貼りました。
コロナが感染拡大が収束して,今年は開催されるといいんだけど。

2012年11月17日

「竹楽」 大分県竹田市

https://punipuny.blog.fc2.com/blog-entry-32.htm

2014年11月23日

「竹楽」 大分県竹田市の竹灯篭のお祭り

https://punipuny.blog.fc2.com/blog-entry-162.html

 
カテゴリー: 想い出 | コメントする

三次へドライブ

きまぐれ・ふうらりドライブ。

 

とりあえず,五日市から北上。沼田を抜けて,今日も国道191号~国道261号。

千代田・高田を走ります。

どこ行こうか?

「とりあえず三次ワイナリー行ってワインでも買おう」

ランチはワイナリのバーベキューガーデンで「ラム肉定食」食べてもいいしwww

県道64号=三次美土里線から国道54号を右折。

少し引き返して県道470号~広域農道を経由で三次ワイナリー到着です。

 
 
DSC_6669.jpg
 
 
 

三次ワイナリーで,赤ぶどうジュースの試飲。

干しブドウ他お土産を購入します。

ぶどうジュースは以前「朝霧の街」というのを買っていましたが,ありませんでした。

いつも一升瓶で買ってたのにな~。

DSC_6671.jpg
 

バーベキューガーテンは,ラム肉定食はありましたが,

肉があまり得意でない同行者向けの海鮮が全くないのでヤメにしました。

三次本通りの「風季舎」へお菓子を買いに行きます,

DSC_6679.jpg
 

いつもの三次ショッピングセンターの駐車場に車を入れて,同行者は

お菓子を,私は昼食弁当でも買おうかと思っていたら,駐車場に一台も車がありません。

もしや休店日と思ったら,なななんと閉店していました。

ここ,ちょっと面白いお土産コーナーがあって,この付近に観光に来た時にはいつも寄っていたのに。

残念です。

 
DSC_6677.jpg
 
 
 
 

「風季舎」に駐車して,同行者がお菓子購入中に付近を探索www。

以前ランチした事のあるシルバーセンターのアンテナショップ「よりんさい」のすぐ前に駐車場があった事を再確認。

「よりんさい」でランチしようと行って店にはいったら,ランチ営業は14時まででした(涙)

三次本通り。いわみ銀山街道です。

 
DSC_6676.jpg

国道54号線を帰りながら,ランチのお店を探すことにしました。

実はバーべ―キューガーデンでランチの話が出ていた時に気になっていたお店があるのです。

焼肉「ふるさと」。 広島市内でごたわりの美味しい焼肉店店主のお嬢さんがおいしいというお店。

まちがいはないでしょう。

カルビ定食と石焼ピビンパを頼みます。追加でエビ焼きとセン刺。

 
DSC_6682.jpg
 
DSC_6683.jpg
 
DSC_6684.jpg
 
DSC_6685.jpg
 
 
 

牛カルビ。下宿していた高校生の時,御幸橋たもとの小さな焼肉屋さん(居酒屋さんかも)で初めて食べて感激した牛焼肉の味と香りが想い出されたようでうまかった。

肉苦手な同行者にも一枚すすめてみたら「美味しい」とのお言葉www。

センマイも綺麗に処理されているようで全く臭みを感じさせません。

同行者が分けてくれて食べたビビンバは,独特の味わい・風味が感じられて美味しかった。

結局,焼肉ランチが今日のメインイベントになってしまいましたwww

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリー: 21.ドライブ | コメントする

ご飯に「だご汁」 九州阿蘇の想い出

大好きな旅番組「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」

先週のテーマは「今年も満開!九州“桜街道”110キロ!SP」

 撮影ルートのほとんどが,近々,鉄道旅をしようと考えている豊肥本線近くです。

録画して,繰り返して見ていましたwww

「一心行の桜」

 桜シーズンに行ってみたいと思いつつ,落雷で幹が折れ,さらに熊本大地震で阿蘇大橋崩落したりで,

まだ花見はできていません。番組はここがスタート地点です。

「月廻り温泉」

 2009年8月末。久住山縦走の後,「鶏炭火焼らくだ山」で晩御飯。

その後,滑り込みセーフで入浴した温泉。

翌日は祖母山に登った。どこで車中泊したんだろう?

・・・記憶にも記録にも残っていません。

同行者はさっさんとばかり思っていたけど,ブログと写真みたらさっさんじゃなくてかよちゃんだったし(笑)

 記憶とはいい加減なモンだ

DSC_3597.jpg
 
DSC_3685.jpg
 
DSC_3777.jpg

「高森田楽保存会」

 2013年11月初頭。天候悪化でとりやめた1泊2日のしまなみサイクリングの代替に行った阿蘇ドライブ。

いつもは「高森田楽の里」にいくのだけれど,バスの団体客に先を越されて立て込みそうになって,

同行者と相談して「たまには行った事のない店に行って見よう」とここに入ったんだった。

これまた同行者は山仲間とばかり思っていたら山仲間じゃなくてアメ友のチェリたんだったし(笑)

 記憶とはいい加減なモンだ

「豊後 竹田市」

 竹灯篭祭り「竹楽」に何度か行った大好きな町。

ずつと以前,最初にだご汁の作り方を私に教えてくれたのは,この町出身のモモです。

初めてこの町を訪れたのは2001年9月末に,モモを送って行った時。なつかしー。

「長湯温泉」

 ラムネ温泉館には何回も入りました。

九州の温泉好きな人には超有名な炭酸泉です。

出川さん達は真っ暗になって到着した事もあって,おしゃれな建物とかにビックリしていました。

 写真を撮ったのは,Rikaさんと久住夢吊り橋から久住登山(沓掛山のみ)の後に寄った時がはじめて。

温泉なんでなかなか写真撮りにくいです。

「若妻の店」

 大分方面からアクセス。ないし大分経由で帰路に就くことは少ないので,知らなかった「参勤交代道路 今市石畳」。その近くにある食堂「若妻の店」。

ロケ隊は大分郷土料理の「だご汁」をいただいてました。

作り方も撮影されていました。

準備して寝かしただご汁の種を,薄く,幅広に伸ばして,

一旦茹でてから汁に入れておられました。

超幅広きしめんみたいなだごがとっても美味そー・・・だご汁を食べたくなりました。

 さて,やっと本題。ビデオを見ているとカミさんが豚汁を作っていました。

そりゃだご汁つくるでしょwww。

ネットでかなり詳しく 大分だご汁のだごの造り方を調べて挑戦。

 100gの小麦粉に60ccの水と塩少々。しっかり練りこみ,8等分して親指大にまとめ,

乾かないように濡れ布巾を掛けて40分寝かしました。

手に付かず綺麗に延びるだごが出来ています。

延ばして,一旦,湯がいてから豚汁の中に放り込みます。

温めて完成。すぐ試食してみるとちょっとぼそぼそしていましたが,それでもかなり美味。

晩御飯もだご汁。だごがまろやかになっています。

鉢で育てている三葉をトッピング。

梅の俵結びとトマト・ピーマン肉詰め・水菜とあぶらげのお浸しが副菜ですw

 翌日の昼食もだご汁です。

汁がだごのせいでドロドロになっていましたが,だごはまろやか柔らかくなっていて激うま。

延ばして湯がいただけでそのまま冷蔵庫に入れていただごを入れて温めて食べると,

これまた激うま。

 だご汁。かなり癖になりそうです。

カテゴリー: 想い出 | コメントする

広島県北ふうらりドライブ 常清滝と三江線跡地

朝は歯科へ。受付で体温測ったら,37.0℃。

「ちょっと高いですね」と言われたので,

「ゆうべ,エアコン点けっぱなしだったので,風邪引いたかな」

と嘘を言ってしまいました。

いえ,エアコンつけっぱなしだったのはウソではありませんが,

昨夜は3時過ぎまで水割り呑みながらネットしていて二日酔い気味。

さらに,直前まで既に32℃を超える酷暑の中にいて,体温調節がうまくいかなかったからなのです(たぶん)。

梅雨明け宣言でて以降もなかなかすっきりした晴天に恵まれなかった今日この頃。

今日は山間部もいいお天気になりそう。

そのままふらりとあてもなくドライブへ行きます。

とりあえず涼しい所を目指そうwww

国道2号西広島バイパス宮内交差点~(県道30号)~玖島別れ~(県道42号)~楢原~(県道292号)~川角~(国道433号=湯来・湯の山温泉街道)~(国道199号=加計街道)~飯室~(県道261号=鈴張街道)

千代田で12時をすぎました。

スーパー「サンクス」でお弁当と飲み物購入。

(県道5号=壬生バイパス・浜田八重可部線)~(県道321号=金屋壬生線)(県道6号=陰陽神楽街道)~高田インター西~(県道64号=三次美土里線)~道の駅「北の関宿 安芸高田」

気温は相変わらず30℃超えですが,適当な日陰が見つからず幟がはためいて風かあるので,「北の関宿 安芸高田」の駐車場の空いた所で窓を全開にしてお弁当の昼食。

日差しも強かったけれど,乾いたそよ風に吹かれて快適にランチが出来ました。

付近が自然一杯でコンクリートやアスファルトが少なく,街中のようにエアコンの排熱もないからでしょうか。

(県道64号=三次美土里線)~(国道54号線=歴史街道54)~道の駅「ゆめランド布野」

久しぶりに寄った道の駅「ゆめランド布野」。

〇道の駅「ゆめランド布野」

松江道が開通する前は,出雲・松江方面へ行く時には良く寄ってアイスを食べたりしていました。

今日・明日はリニュ~アルの為にお店は閉まっていました。

DSC_6602.jpg
DSC_6605.jpg

再び,国道54号を北上。

八雲風穴に行きたかったのですが,時間が押すのであきらめて,作木別れ~(県道62号)~常清滝

〇常清滝

2度目,久しぶりの作木の常清滝。

2003年5月にエコミュージアム川根でランチの後に,家族で訪れました。

滝までは結構な山道でツラかった記憶があります。

P5040001.jpg
P5040015.jpg

気温はまだ32℃を超えています。

とても暑そうで行こうか?やめようか?迷ったけれど,体重が80kg超あったあの頃とは違いスレンダー(え)な今日この頃,山歩きもたくさんしたのでもうそんなにツラくはないでしょ・・・とばかり,常清滝を目指します。

一応,水と登口に置いてあったクマ除け鈴付きの杖を借りていきます。

熱中症よりも,辛さよりも,なによりも熊との遭遇の方が圧倒的に怖い。

DSC_6638.jpg

駐車場から600mほど遊歩道。最初は急な階段で汗ばみます。その後もわりと急な舗装路と石畳の歩道が続きます。登りきると東屋のある広場。右手に神社があります。

DSC_6634.jpg
DSC_6612.jpg
DSC_6611.jpg
DSC_6608.jpg
DSC_6630.jpg
DSC_6634.jpg

常清滝まで0.4kmの看板。ここから山道になります。

DSC_6608.jpg

途中,一組の中高年のカップルの方と遊歩道管理中と思しき2名の作業員の方と会いました。

川の反対側には崩れて通行止めになった橋や遊歩道が見えます。前回はあっちを通ったんだろうな~。

DSC_6611.jpg
DSC_6612.jpg

前回,来た時に駐車場に綺麗に咲き誇る芝桜がっあった記憶。

花は咲いていないけれど,あれは何処だったんだろう・・・駐車場からは作木支所側に降りてみました。

DSC_6642.jpg

今,写真とブログで調べてみたら,帰路に寄った三次ワイナリーでした<芝桜。

記憶とはいい加減なモンだwww

P5040037.jpg

(県道62号)~港・川の駅常清~(国道375号)

国道375号を走っていると対岸の道のガードレールのさらに上に三江線の線路跡地が見えます。

鉄橋も。

式敷大橋を渡り,国道433号で帰路に就く前に,旧道を香淀まで走り,三江線の跡地を撮影しました。

門田トンネルができる前はこちらが国道。

三瓶山や石見銀山に行くのによく走った道です。

他の場所は狭いとはいえ,ほとんど2車線。

でもこの区間は離合できる場所は頻繁に設けてあるものの一車線の場所がほとんど。

通勤時間帯などは交通量も多くて気を遣いました。

今回の撮影地は

門田付近

DSC_6643.jpg

DSC_6645.jpg
DSC_6647.jpg
DSC_6653.jpg

香淀駅

DSC_6654.jpg
DSC_6657.jpg

式敷大橋近くの鉄橋跡

DSC_6659.jpg
DSC_6667.jpg

そして

のどかな田園を走る列車。乗ってみたかった。

今となっては果たせぬ夢です。

国道433号=甲田作木線~佐々部~高北広域農道~県道64号~高田インター(西)~県道6号~県道321号~県道5号~国道261号~国道191号。

帰路は久しぶりに久地を抜けて,安川通りに出て,アストラムライン沿いの広島湯来線から五日市経由で帰りました。

カテゴリー: 21.ドライブ | コメントする

初めての乗り鉄旅 2019年10月 No.3

JR「秋の乗り放題パス」の旅 【3日目】

今にも泣き出しそうな空。

 ゴアテックスの登山用レインウェアを羽織り,デジタル1眼は持たず,身軽な装備で出発。
今日はのんびり,小学生・中学生時代を過ごした宇部・小野田をめぐります。

昨日と同じ始発列車で出発。

IMG20191018-060346_00_F-01J.jpg

[JR山陽本線]宮内串戸→新山口 06:14発→08:49着

(乗車2時間34分)乗換:岩国

 40数年ぶりの宇部線。

IMG20191018-085440_00_F-01J.jpg

阿知須には最近博覧会に車で訪れましたが鉄道では初めて。
岐波までは海水浴・シュノーケリングによくきました。

西岐波・東岐波とふたつの駅があったと思うのだけど,バス停だったのかなあ。

 常盤では常盤公園に遠足に行くたくさんの幼稚園児が先生に引率されておりていきました。

IMG20191018-094918_00_F-01J.jpg

プールがあった恩田。この近くの則貞と言う所にはスケートリンクもあって,せっせと通って滑れるようになりました。フレンチドックを初めて食べたのはこのスケートリングでした。ケチャップではなくピザソースがかかっていたよーな。

 宇部岬を過ぎると宇部の市街地。

東新川は中学校2年.3年の時に住んでいた昭和町の最寄り駅。懐かしい。

IMG20191018-095803_00_F-01J.jpg

 宇部新川を一旦そのまま通過。右手の家並み越しに母校を見ながら居能・岩鼻を過ぎ,厚東川を渡ると宇部駅です。

IMG20191018-100158_00_F-01J.jpg
IMG20191018-100801_00_F-01J.jpg
IMG20191018-100958_00_F-01J.jpg
IMG20191018-101142_00_F-01J.jpg

[JR宇部線]新山口→宇部 09:15発→10:15着

(乗車1時間0分)乗換:なし

 宇部駅。父方の祖母が亡くなった時,早朝に電報を受けてタクシーでこの駅に向かい,タクシーを降りる時に列車がホームに入ってきていて,駅員さんが長めにベルを鳴らしてくれて,なんとか間に合った事は今でもよく覚えています。当時は「西宇部駅」と言っていました。

IMG20191018-101559_00_F-01J.jpg
IMG20191018-101623_00_F-01J.jpg

駅前を散策。

IMG20191018-102013_00_F-01J.jpg
IMG20191018-105911_00_SH-01G.jpg

 折り返して,宇部新川へ。

IMG20191018-113217_00_F-01J.jpg

[JR宇部線]宇部→宇部新川 11:19発→11:31着

(乗車12分)乗換:なし

宇部新川では,大好きな一久で宇部ラーメン。

改良しているのか,昔の一久のラーメンとは味が少し違うような気がしました。

麺に魚介類の旨味が練りこまれている感じ。以前はもっとシンプルな味の麺でした。

チャーシューは好みの厚さ・脂身の割合。さらりとほぐれて美味い。チャーシュー麺にしてヨカッタ。

IMG20191018-114104_00_F-01J.jpg
IMG20191018-114621_00_F-01J.jpg
IMG20191018-114637_00_F-01J.jpg

 宇部中央まで歩いてお土産に宇部蒲鉾と利休饅頭を購入。

IMG20191018-120537_00_F-01J.jpg
IMG20191018-121037_00_F-01J.jpg
IMG20191018-120851_00_F-01J.jpg

 雨が本降りになったので慌てて宇部新川駅まで戻り,今度は小野田線に乗りました。

IMG20191018-124315_00_F-01J.jpg
IMG20191018-125247_00_F-01J.jpg

 小野田線妻崎駅。宇部に引っ越ししてすぐに,この駅の近くの原保育園で数週間を過ごし,小学校の低学年ではボタ山を突っ切って長門長沢駅の北側へ出て通学していました。

西沖の山海底炭鉱の閉山後ボタ山への道がなくなってからは,妻崎駅の横の道を通って通学していました。

IMG20191018-131733_00_F-01J.jpg

 宇部の西の端の厚南区法寺郷(現・東須恵高天原法寺郷)に住んでいたので,小野田の公園通りやセメント町にもよく行きました。雀田・小野田港・南小野田・南中川・目出を経て,小野田着

IMG20191018-132938_00_F-01J.jpg
IMG20191018-134217_00_F-01J.jpg

[JR小野田線]宇部新川→小野田 13:10発→13:38着

(乗車28分)乗換:なし

 宮内串戸まで直帰予定でしたが,光駅構内で遅延が生じているという情報もあって,岩徳線を経由して帰ってみることにしました。

IMG20191018-150611_00_F-01J.jpg

[JR山陽本線]小野田→徳山 13:51発→15:02着

(乗車1時間11分)乗換:なし

徳山で岩徳線経由.岩国行の列車に乗車

IMG20191018-154526_00_F-01J.jpg

 岩徳線に乗るのは初めて。ワンマン1両で運行。

IMG20191018-162755_00_F-01J.jpg

のどかというか,なんというか・・・生野屋駅で消費増税前に購入した切符で降車されたご婦人が料金の事を尋ねられたので,運転手さんが本部と電話でやりとり。なんと20分間の遅延。ご婦人は最後の頃は「もういいですから」と他の乗客の事を気遣かわれていたのですが,運転手さんがこだわって,回答がくるまで発車しませんでした。

 私も四国サイクリング,帰りの輪行。乗換駅で切符が見つからず,ずいぶん待ってもらった事あるからなぁ

IMG20191018-164534_00_F-01J.jpg
IMG20191018-170115_00_F-01J.jpg
IMG20191018-170451_00_F-01J.jpg
IMG20191018-170518_00_F-01J.jpg

 国道2号線沿いの路線なので見慣れた所を通ります。先を急ぐ旅でなし。

夕暮れ間近のローカル線。鉄道旅をたのしみました。

IMG20191018-170857_01_F-01J.jpg

[JR岩徳線]徳山→岩国 15:45発→17:03着(遅延により17:14着)

(乗車1時間18分)乗換:なし

 岩国~広島間の列車=レッドウイングは乗り心地いいし,静かで滑らかだし,とてもいい感じです。岩国から西も早くこの車両にすればいいのにwww

岩国→宮内串戸 17:16発→17:45着

(乗車29分)乗換:なし

総乗車時間:7時間12分 総乗車距離:334.6Km

(yahoo乗換案内による)

カテゴリー: 想い出 | コメントする

初めての乗り鉄旅 2019年10月 No.2

「秋の乗り放題パス」の旅 【2日目】

今日は切符があるので始発で出発できます。

DSC_1432.jpg

 朝日も出たばかりでサンシェードを上げていてもはた迷惑ではなくて,柳井までの海岸線の写真を撮影する事もできました。

DSC_1437.jpg
DSC_1449.jpg

 昨日よりは少<い時間ですが,柳井をすぎたあたりから学生さんで混み始め,大畠を過ぎると相当な混雑です。

 新山口での乗り換えは十分に時間があったので,駅舎内を少し散策。プラットホームは寂れた感じでしたが,コンコースに上がると新幹線口への通路はじめ近代的で綺麗です。トイレを済ましておきます。

DSC_1460.jpg

[JR山陽本線]宮内串戸→新山口 06:14発→08:49着

(乗車2時間34分)乗換:岩国

 (自分に取っては)難関の山口線。

 なんせお昼前の便を逃すと次は17時過ぎまでダイヤがありません。今回乗車した便が日帰りするには最終かも。

DSC_1461.jpg

 湯田温泉駅通過時には子供の頃の仲良し=田辺のてっちゃんがこのあたりに住んでるんだなぁ・・・とちょっと感傷的に,てっちゃん乗ってこないかなとか妄想してましたw

 山口で乗換。宮野という駅でごっそり人が降りて,津和野まで車内は私と営業マン風の若者・中年の御婦人の3人だけ。

DSC_1467.jpg

長いトンネルや木々のトンネル。ローカル線の風情満載。SLでも訪れてみたいものです。

津和野まで,誰も降りずだれも乗らず。

DSC_1474.jpg

 乗ってくる人がいると思ったら,荷物を載せてすぐに降りていきます。津和野でご婦人が降りて年配の男性一人・女性一人。
そのまま益田に着きました。

DSC_1483.jpg
DSC_1497.jpg
DSC_1499.jpg

 益田で街並み散策とランチ。ランチは大阪王将。ビールのみたかったけれどガマン。
海鮮とお酒は今度カミさんと一緒に泊りがけで遊びに来た時にします。

DSC_1517.jpg

[JR山口線]新山口→益田 09:13発→11:50着

(乗車2時間26分)乗換:山口

 山陰本線=益田~長門市は初乗車。

DSC_1521.jpg

直ぐ前の席に座られた老夫婦。

奥様が「海が見たいから」とすぐ前に座ってこられました。

しばしお話をします。山梨から来られたそうで,日本海の綺麗な海に感激しておられます。

DSC_1529.jpg

米子からは特急使用だったそうですが,益田からのあまりのガタゴトさ加減にビックリしておられました。

 今宵は東萩泊りで,その後久留米の子供さんの所に行かれるそう。帰りは新幹線でぴゅー・・・だそうw

[JR山陰本線]益田→長門市 13:28発→15:17着

(乗車1時間49分)乗換:なし

 長門市からは昨日と同じルートです。慣れてきて,居眠りする余裕もありました。

DSC_1537.jpg
DSC_1539.jpg

[JR美祢線]長門市→厚狭 15:20発→16:26着

(乗車1時間6分)乗換:なし

DSC_1548.jpg

 [JR山陽本線]厚狭→宮内串戸 16:53発→20:12着

(乗車2時間56分)乗換:新山口・岩国

総乗車時間:10時間53分 総乗車距離:534.9Km

(yahoo乗換案内による)

カテゴリー: 想い出 | コメントする

初めての乗り鉄旅 2019年10月 No.1

JR「秋の乗り放題パス」の旅 【1日目】

06時30分。宮内串戸駅で「秋の乗り放題パス」を購入。
初めての定額フリー切符使用。

乗り鉄旅のはじまりです。

DSC_1308.jpg

まずは山陽本線。下関へ向かいます。

 通勤通学時間なので,大畠あたりから徳山までは結構混雑しました。
朝日が当たるのでサンシェードをおろしておかねばならず,
岩国~柳井までの海岸線を写真撮影できずに残念でした。

DSC_1311.jpg

 防府を過ぎるといっきに人が少なくなってのんびり旅。 

DSC_1326.jpg

幡生で山陰本線に乗り換えるつもりだったけれど,次の列車=山陰本線の始発は下関だし,
下関で駅弁も入手するつもりで下関まで乗車。

 ところが・・・下関駅には駅弁はなく,YouMeタウンで鮭弁当とビール購入。

[JR山陽本線]宮内串戸→下関 06:47発→10:47着
(乗車3時間59分)乗換:岩国

 いよいよ,あこがれのw山陰本線の鉄道旅です。
乗ってすぐに弁当とビールでランチ。景色をゆっくり楽しみます。

DSC_1337.jpg

 小串で乗換待ち時間があるので,改札を出て海岸まで行ってみました。
切符を見せるだけ(見せなくてもw)で改札を自由に出入りできるのは便利です。

DSC_1341.jpg

綺麗な,綺麗すぎる砂浜。

DSC_1347.jpg

 特牛(こっとい)までは,中学生の時に角島でキャンプをするのに,何度か乗った事のある路線です。
当時,角島には橋などかかってなくて,特牛から角島まで連絡船で渡り,
北側の大浜キャンプ場や牧崎キャンプ場まで歩いて行っていました。

 どちらも海に面した丘の上のキャンプ場で,朝ガサゴソとテントを揺らす音で目が醒めて外に出ると,
牛がのんびり草をはんでいたこともありました。

シュノーケリングでグレの群れを見つけたけれど早すぎて突けず,砂地にいたでかいアカエイしか突くことができなかった記憶。

でも初めて突いた大物で,ものすごく嬉しかった事は今でもよく覚えています。
「とったどー」とはいわなかったけれどwww

DSC_1370.jpg

 車では何度も通っている国道191号を眺めながら,列車はガタンゴトン走ります。
車の運転中はなかなか見ることのできない付近の風景。

DSC_1375.jpg

向津具半島・千畳敷の風力発電。

黄波戸の家並み。

DSC_1381.jpg
DSC_1385.jpg

特牛をすぎるとあっという間に長門市に到着したような気がしました。

[JR山陰本線]下関→長門市 11:32発→14:31着
(乗車1時間55分)乗換:小串

 仙崎線にも乗りたかったけれど夕方まで列車はありません。しかも帰りの列車もがなくなります。
仙崎線と小野田線の雀田~長門本山までの区間は,鉄道のみ日帰りでは不可能のようです。

DSC_1391.jpg

 美祢線も中学校か小学校6年生くらいの時に乗った事のある路線です。
青海島に磯釣りにチャレンジした大冒険。仙崎まで乗って歩いて十六羅漢まで行って魚釣りしました。
親父の重たい木の道具箱と竹の六角投げ竿にリールを担いで歩きとおしたのに,
釣れたのは小さいカサゴとベラとの2匹。

なので,いちおう仙崎線も含めて美祢線は完乗と言うことにしますw

DSC_1397.jpg

[JR美祢線]長門市→厚狭 15:20発→16:26着
(乗車1時間6分)乗換:なし

 新山口で山口線に乗って,益田泊も考えました。
山口線クライマックスの津和野近辺はじめ暗くて景色が見えないのは面白くないので,我慢!。
今日は素直に宮内串戸まで帰ります。

DSC_1409.jpg
DSC_1417.jpg
DSC_1426.jpg

[JR山陽本線]厚狭→宮内串戸 16:53発→20:12着
(乗車2時間56分)乗換:新山口・岩国

総乗車時間:10時間47分 総乗車距離:502.5Km

(yahoo乗換案内による) 

カテゴリー: 想い出 | コメントする

旅の計画

今日で二回目のワクチン接種後2週間がたちます。免疫獲得の時期になりました。

 妻は高齢者医療の施設もある医療法人に勤務しているので,私より1週間以上早く接種完了しています。

 娘も先週火曜日に1回目の接種。当初,7月5日に発送予定だった接種券の到着を待って,8月上旬に「検診センターで集団接種を受けるつもり」と言ってましたが,かみさんの職場で急遽ワクチンが余り,休暇のとれる娘に接種を受けてもらいました。市の方から「廃棄される事がないように接種できる家族がいれば接種してワクチンが無駄にならないように」と指示がでていたのだそうです。ちなみにワクチンは1バイアル6人分。最初はきっちりと人数分(6の倍数)ですすめていたけれど,後期高齢者の事とて,体調不良その他の理由で予定した日に接種できない人も出てくるわけで,そうなるとなんとかそのキャンセル分を接種できる人を探さなければならないんだそうです。

 接種当日,娘を駅まで迎えに行く最中にかみさんからいきなりの連絡。「国からのワクチン供給数が減るらしくて,市から「家族の人については2回目の接種が3週間後にできるかどうかわからないので,それでもいいかどうか確認がいるらしい」との事。今更,そんなことを言われてもね~。つか,職場の事務の方が,市の人に「もし,それで接種はやめると言われたら,その分のワクチンは廃棄してもいいんですね」・・・と聞くと「いや,それは困ります」。市の方も大困惑です。後日談になりますが新聞報道によると,広島市からワクチンを借りることで2回目の接種はできるようになったそうです。接種券配布の大幅おくれで64歳以上の人でも接種できていない人が多い広島市。感謝すると同時になんだか申し訳ない気持ちにもなりました。

 東京をはじめとして,地域によっては感染拡大第5波と言われています。

 広島は新規感染者数が一桁の日も多く,我が町では新規感染者0の日も多くなりました。

 県の感染拡大防止集中対策も今日までです。まだ,次の段階へ移行との発表も,次の段階でどのような要請がでるのかもわかりませんが,久しぶりの旅行を8月に計画しておくことにしました。

 おとどしの秋に初めて行ったおトク切符「秋の乗り放題パス」を使った鉄道旅。日帰り旅3日連続で中国地方西部の主要路線に乗りました。山陽本線と山陰本線の一部。美祢線・山口線・宇部線・小野田線。

DSC_1332.jpg
DSC_1363.jpg
DSC_1341.jpg
DSC_1335.jpg

 その翌春に「青春18きっぷ」を使って長旅にでるつもりがコロナウイルス感染拡大で行けなくなりました。

 JR九州の株主優待券があるので,これを無駄にしないように(と言う口実で)計画は九州鉄道旅。年休消化不足のかみさんも3連休取得です。

計画の概要は以下の通り。

1日目 青春18きっぷ2枚使用

 広島(山陽本線)~岩国~下関~小倉(鹿児島本線)~鳥栖~熊本

 熊本駅前泊

2日目 青春18きっぷ1枚・株主優待券使用

 熊本(豊肥本線=阿蘇高原線)~大分

 大分駅前泊

3日目 青春18きっぷ2枚使用

 大分(日豊本線)~中津・柳ヶ浦~小倉(山陽本線)~下関~岩国~広島

 鉄道旅初心者なので,余裕のある(と自分では思っている)計画をたてました。著名な観光地はたいてい車で行っているので,今回は乗り鉄と車窓・途中下車して駅周辺の写真撮影を楽しみます。片道切符は途中下車できないものとばかり思っていましたが,営業キロ数100キロを超える場合は途中下車できることを知りました。

 鉄道旅のベテランさん,お気づきのことやアドバイスがありましたら,ぜひよろしくお願いいたします。

 プランを立てていると夢が膨らみます。次の次は,久大本線や日田英彦山線。途中,バスの代替輸送になってるところのバス運賃は青春18きっぷで賄えるのかな?。佐賀・長崎方面もいかなくっちゃ。鹿児島よりも先に宮崎・志布志方面が先かなあ。鹿児島はまず九州新幹線つかって,屋久島かなwww。などなど。

カテゴリー: その他 | コメントする